インフォメーション

2016.11.17 「国産うなぎ蒲焼カット」

2016.9.23 「順造選 人参ジュース,人参&りんごジュース」

2016.5.19 「エコシア&減肥くわ青汁」

2016.5.19 「アーゼロン(有効微生物群)家庭用浄化剤」

福島県で、がん患者の数が6000%増加

 2015/03/03(火曜) 23:37

福島県のクリニックの報告によりますと、県内で深刻な健康上の問題をかかえている患者の数が増えているということです。
メフル通信によりますと、子供の甲状腺がん、白血病、心臓発作、その他の健康上の問題が、福島県で広がっており、福島第一原子力発電所に近い地域で、がんにかかる人の率率が、およそ6000%増加したということです。
放射能の専門家は、福島第一原発事故が、一部の原因不明の死に関わっていることを認めており、彼らによれば、これらの病気は、正しい診断が下されていないために、明らかになっていないということです。
WHO世界保健機関は、危険に晒されている人々に対し、より長い期間、医師の診察を受け、薬による治療のプロセスをやめないよう求めています。
2013年2月に発表された研究で、WHOは、福島第一原発事故の後、日本の国内外で様々な種類のがんが増加するだろうと予測していました。
WHOはさらに、原発に最も近い地域で、女の子の新生児ががんにかかる危険性が70%増加すると予想しました。 研究者は、この事故が環境や人々の健康に及ぼす影響は、何年も経過しなければ分からないだろうとしています。 上記はあるインターネットニュースの記事の一文です。
また、下記のようなデーターもあります。
※「福島県立医科大学付属病院の治療・手術実績数」6ページ掲載
※「順天堂大学医学部付属順天堂医院」1ページ掲載
信じる信じないは別として、私たちはこれからのことを考えて行動しないといけないと思います。
私たちの身の回りや体内に入ってしまったの化学物質や放射能物質を除去することが、大変大事なことではないでしょうか?
その一つの提案として、将来のある子供たちのためにキッズカーボンがあります。
子供用となっていますが、大人(倍の量)にも使うことができますので、家族でみんなでご利用いただけます。
キッズカーボンと放射性物質についてや、その他のことについても、詳しくは店長まで・・・
※「キッズカーボンのチラシ」を2枚掲載

<福島県立医科大学付属病院の治療・手術実績数>

<順天堂大学医学部付属順天堂医院><キッズカーボンのチラシ>